スムーズな家事・掃除をサポートする情報サイト

>

漂白以外のハイター利用と利用上の注意点

ハイター利用上の留意点

ハイターは漂白能力の高さと殺菌力の高さから、洗濯や台所用品を含む水回りの強固な汚れといった汚れに高い効果を発揮しますし、値段も手ごろなので非常に有用ではあるのですが、その強力な漂白力並びに洗浄力の源となるアルカリ性の性質自体がハイターを使用する上での留意点の原因ともなっています。

例えば、色物の衣類への使用ができないのは、漂白力が強すぎて脱色してしまうことに起因しており、最もメジャーな液体の塩素ハイターの場合、わずかにでもかかってしまうとかかった部分はほぼ確実に白くなってしまい、塩素ハイターの強すぎる漂白力による応用性の低さを補う酸素ハイターと使い分けている場合も塩素ハイターがアルカリ性であることから、酸素ハイター(多くの場合液体酸素ハイター)のような酸性の性質を持つ物質と混ざると有毒の塩素ガスが生じるリスクがあるのです。

漂白だけじゃないハイター利用

基本的にハイターは洗濯や台所での使用が一般的であるものの、付属の説明を理解し、ハイターの性質に対する基本的な理解が進めば、トイレやバスルーム、水道管の掃除にも応用利用が可能で、実際にそれぞれの状況に最適化されたハイターも市販されているのです。

なぜ、わざわざシチュエーションごとに最適化されたハイターがあるのかというと、塩素ハイターのアルカリ性が及ぼす影響を理解した上での使用が求められることがその主な要因で、何も考えずに液体塩素ハイターを使ってしまうと強すぎるアルカリ成分の影響から、掃除したい部分が痛んでしまうこともあるためであり、液体の酸素ハイターのような弱酸性のハイターなら水回り全般で流用可能ですが、液体の塩素ハイターの流用はカビ汚れが強固になりやすい浴槽やトイレの特定箇所へのピンポイント利用に留め、大量使用は控えましょう。


シェアする